『キラー・ヴァージンロード』 あらすじ

小さい頃から何をやっても上手くいかず、ダメダメな人生を歩んできたOL沼尻ひろ子。しかしこの度、ついに結婚という幸せをその手に掴む。ところが、その結婚式の前日、ひろ子は誤ってアパートの大家さんを殺害してしまう。それでも結婚を諦めきれないひろ子は、死体をスーツケースに隠すと富士の樹海に向けて車を走らせる。すると突然、一人の女が車に飛び込んできた。彼女は美人なのに男運に見放された女、小林福子。何度も自殺を試みるが、なぜか死にきれずにいた。またしても死ねなかった福子は、“死体の処理を手伝う代わりに私を殺して”ととんでもない提案をするのだが…。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ