『ロフト.』 あらすじ・作品情報

あらすじ
新築マンションの最上階のロフトルームを持つ建築家のビンセント(フィリップ・ペータース)は、友人のマルニクス(ケーン・デ・グラーヴェ)、ルク(ブルーノ・ヴァンデン・ブルーク)、精神科医クリス(ケーン・デ・ボーウ)、クリスの義弟のフィリップ(マティアス・スーナールツ)に部屋を共有することを提案する。男たちは妻や恋人に内緒でこの部屋を秘密の情事部屋として使用していた。ある日の朝、ルクが部屋に入るとベッドに手錠をかけられて血まみれで死んでいる女を発見する。あわてて集まった5人の男たちは死体を前にお互いのアリバイを探りながら犯人捜しを始めた。血のついたナイフと壁に書かれた血文字に、切られた警報器。誰が何のために?本当の事件の真相が暴かれた時、あっと驚くクライマックスを迎える。
(フライヤーより)

作品情報
原題: Loft
監督: エリク・バン・ローイ
脚本: バルト・デ・パウ
製作国: 2008年ベルギー映画
上映時間: 117分
配給: フリーマン・オフィス

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ