『ミラル』 あらすじ・作品情報

あらすじ
1948年、イスラエル建国宣言の1カ月前のエルサレム。その路上にはユダヤ民兵組織によって親を殺された孤児たち55人の痛ましい姿があった。ヒンドゥ・ホセイニ(ヒアム・アッバス)は、自身の資産をつぎ込み、孤児たちのホームとなる“ダール・エッティフル(=孤児の家)”という学校を創設する。“ダール・エッティフル”の生徒数はやがて3,000人を超え、ヒンドゥはそうした孤児たちのために生涯を捧げることになる。1978年に母親を亡くし、“ダール・エッティフェル”の門をくぐった少女ミラル(フリーダ・ピント)は10年後、美しくも芯の強い17歳に成長していた。ミラルは、子供たちに勉強を教えるために訪れた難民キャンプで、イスラエル軍に家屋が破壊される衝撃的な光景を目の当たりにする。さらに若き活動家ハーニ(オマー・メトワリー)の掲げる理想に共感した彼女は、急速に政治への関心を強める一方で、イスラエルへの敵対心を抱いてゆく。しかし、それは恩師ヒンドゥや父親ジャマール(アレクサンダー・シディグ)の願いを裏切る行為だった。暴力には暴力で対抗すべきか、それとも教育によって平和を手繰り寄せようとするヒンドゥの信念を受け継ぐべきか……。重い選択を迫られたミラルは、果たしていかなる決断を下すのか……。
(MovieWalkerより)

作品情報
キャスト:フリーダ・ピント、ヒアム・アッバス、アレクサンダー・シディグ、オマー・メトワリー、ヤスミン・アル=マスリー、ルバ・ビラール、ウィレム・デフォー、バネッサ・レッドグレーブ
監督:ジュリアン・シュナーベル
製作:ジョン・キリク
原作:ルーラ・ジブリール
脚本:ルーラ・ジブリール
撮影:エリック・ゴーティエ
編集:ジュリエット・ウェルフリング
美術:ヨエル・ハーツバーグ
原題:Miral
製作国:2010年フランス・イスラエル・イタリア・インド合作映画
配給:ユーロスペース、ブロードメディア・スタジオ
上映時間:112分
映倫区分:PG12

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ