『七瀬ふたたび』 あらすじ・作品情報

あらすじ
他人の心が読めてしまうテレパスの火田七瀬にとって、その能力はうれしいものではなかった。かつて列車で出会った予知能力者の了は、互いに惹かれ合いながらも、七瀬に心を読まれるのを恐れて決して逢おうとしてくれない。そんな七瀬は、同じくテレパスの少年ノリオとテレキネシス(念動力)の黒人青年ヘンリーと北海道の湖畔の家に暮らしていた。ある時、彼らの命を狙う謎の組織の存在が明らかとなる。やがて、親友の瑠璃を殺された七瀬は、彼らに立ち向かうことを決意する。一方、ある事件を執拗に追い続ける初老の刑事・山木も、次第に七瀬へと迫っていくが…。
(allcinemaより)

作品情報
監督: 小中和哉
製作: 川城和実、樫野孝人、一志順夫、堀徹
プロデューサー: 小椋悟
原作: 筒井康隆
脚本: 伊藤和典
撮影: 西久保弘一
美術: 大庭勇人
編集: 松木朗
音楽: 岸利至
製作国: 2010年日本映画
上映時間: 105分
映倫区分: G
配給: IMJエンタテインメント、マジックアワー

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ