『真夏の夜の夢』 あらすじ

沖縄の小さな島、世嘉冨(ゆがふ)島。ここには古くから島を祝福する守り神の精霊、キジムンたちが暮らしていたが、近頃は人間たちに忘れられがちですっかり元気をなくしていた。そんなある日、この島で生まれたゆり子が、東京で不倫の恋に疲れ果てた末に帰ってきた。彼女は幼い頃、ハンパ者のキジムン、マジルーとただ一人話ができ、2人は永遠の友情を結んだ。東京での忙しさの中で、いつしかそのことを忘れていたゆり子だったが、マジルーのほうはずっと覚えていて2人は再会を果たす。折しも島ではリゾート開発を目論む村長が息子の政略結婚を進め、青年会ではその結婚式でお披露目する沖縄芝居“大琉球王国由来記”の稽古の真っ最中。男ばかりで身が入らない彼らに強引に誘われ、芝居のヒロインに担ぎ出されてしまうゆり子。一方、ゆり子を追って不倫相手の敦が、さらにはその妻の梨花までもが島に現われ大騒動に。恋に苦しむゆり子を見かねたマルジーは、とっておきの秘薬を手に一計を案じるが…。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ