『大奥(2010)』 あらすじ・作品情報

あらすじ
正徳6年。謎の疫病で男子が激減し、男女の役割は逆転、将軍職も女子によって引き継がれている江戸時代。女人禁制の大奥では、3000人の美男が、将軍の寵愛を勝ち取るべく熾烈な競争を繰り広げていた。そんな大奥に足を踏み入れた青年、水野祐之進。この時代にあっても武士道を追い求める希有な彼は、困窮する家を救うため、そして身分違いゆえに叶わぬ幼なじみ・お信への愛を断ち切るため、大奥への奉公を志願したのだった。水野が大奥へあがって間もなく、八代将軍徳川吉宗が誕生する。不況の世を憂う吉宗は、質素倹約を進め、政治の大改革を断行していく。そんな中、吉宗初の大奥へのお目見えとなる“総触れ”の日を迎えるが…。
(allcinemaより)

作品情報
監督: 金子文紀
エグゼクティブ・プロデューサー: 豊島雅郎、濱名一哉
プロデューサー: 荒木美也子、磯山晶
原作: よしながふみ
脚本: 高橋ナツコ
撮影: 喜久村徳章
美術: 花谷秀文
編集: 松尾茂樹
音楽: 村松崇継
製作国: 2010年日本映画
映倫区分: G
配給: 松竹、アスミック・エース

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ