『パッセンジャーズ』 あらすじ

セラピストのクレア・サマーズ(アン・ハサウェイ)は、恩師のペリー・ジャクソン(アンドレ・ブラウアー)から仕事を任される。それは、飛行機墜落事故で奇跡的に生き残った生存者5名のトラウマ的ストレスを治療するというものだった。やる気を見せるクレアに、ペリーは“生存者の1人、エリック・クラーク(パトリック・ウィルソン)に気をつけろ”と忠告する。

病院でエリックと面会したクレアだったが、彼はグループ・カウンセリングを拒否。自宅での個別カウンセリングを行うことになる。だが、クレアが彼の自宅を訪れると、彼は大胆に言い寄ってくる。さらに、教えてもいないクレアのプライベートを知っているなど、謎めいた行動を見せる。さらに、クレアの自宅には近所のトニ夫人(ダイアン・ウィースト)が毎晩訪れてくるようになる。だが、その様子は何かを探るようで、どこかおかしい……。

一方、グループ・カウンセリングでは他の生存者たちが航空会社の発表と食い違う事故の記憶に苦しんでいた。公式発表では事故原因はパイロットの過失だったが、患者の1人は墜落の前に爆発があったことを告白。だが翌日、その患者が姿を消す。それが合図の様に、記憶を取り戻した患者が、次々とクレアの前から消えてゆく。患者の1人が言い残した“真実を知る生存者を黙らせるつもりだ”という言葉から、航空会社に疑惑を抱くクレア。

だが、航空会社代表アーキン(デヴィッド・モース)に真相を確かめても、公式発表を繰り返すばかり。ますます不信を募らせたクレアは、ペリーに相談を持ちかけるが、彼も陰謀説を否定。彼女は気付く。ペリーは航空会社と結託し、患者の様子を探らせるために自分にカウンセリングを担当させたのだと。もはや、信じるものをなくしたクレア。真実を追えば追うほど深みにはまっていく。なぜ、事故は起きたのか?なぜ、5人だけが生き残ったのか?そして、彼女の知らなかった驚愕の真相とは?

(c) キネマ旬報社
(c) Variety Japan より

本文へ