『落語物語』 あらすじ・作品情報

あらすじ
引っ込み思案な若者・春木真人(柳家わさび)は、たまたま寄席で聴いた落語に惹かれ、弟子入りを希望して東京下町にある今戸家小六師匠(ピエール瀧)の家を訪れる。生来の性格ゆえ、なかなか師匠宅の門を叩けずにいた彼に声をかけたのは、小六の妻・葵(田畑智子)。こうして、真人は住み込みで働きながら、小六の内弟子として落語家への道を歩み始めることになる。落語家としては実力も地位も申し分ない小六と下町っ子の恋女房、葵。2人が付けた真人の芸名は“今戸家小春”。だが、気の小さな小春の性格は、そう簡単には変わらず、失敗の連続。寄席の楽屋入り早々に初高座を命じられたものの、噺を完全に忘れてしまい、大失敗に終わる。その一方で、落語界に入った小春は、個性豊かな落語家たちと次々に出会う。スーツを着こなし、芸に厳しい若手真打の山海亭心酒(隅田川馬石)。二ツ目ながら、テレビの人気レポーターとして活躍する鶴家丸千代(春風亭ぽっぽ)。その師匠に当たる朝丸(三遊亭小円歌)。人気漫談家のスマイル(春風亭小朝)……。日々起こる周りの喧噪をよそに、小六は揉め事や確執とは無縁の暮らし振り。ただそばに葵さえいてくれれば幸せと、笑顔で仕事に向かう。そんな小六を静かに見つめながら、何かを悟ったかのように黙々と書斎で何かを書き綴る葵。そんなある日、小春は突然、高座に上がることになる。おぼつかない足取りで高座に上がる小春。客席に深々と頭を下げ、顔を上げた小春は、ついに大舞台に挑んでいく……。
(MovieWalkerより)

作品情報
キャスト:ピエール瀧、田畑智子、柳家わさび、柳家権太楼、春風亭小朝、石橋杏奈、嶋田久作、三遊亭時松、柳家小権太、桂文楽
監督・原作・脚本:林家しん平
製作国:2010年日本映画
配給:スールキートス
上映時間:111分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
shineランキングに参加しています。クリックお願いします。shine

レビューへ