『リトル・ランボーズ』 あらすじ・作品情報

あらすじ
1982年のイギリス。郊外の町に暮らす少年ウィルは、父親のいない家庭に育った小学5年生。家族が戒律の厳しい教会に属しているため、テレビや映画はおろか、ほとんどすべての娯楽を禁じられる窮屈な日々の中、それでも持ち前の豊かな想像力で健気に生きていくウィル。そんなある日、ひょんなことから学校きっての悪ガキ、リー・カーターと知り合う。そして、彼の自宅で生まれて初めての映画「ランボー」を観て、強い衝撃を受ける。すっかりランボーに夢中のウィルは、カーターが兄のビデオカメラで作ろうとしていた自主映画に参加、自ら“ランボーの息子”になりきって主演するのだが…。
(allcinemaより)

作品情報
原題: Son of Rambow
監督・脚本: ガース・ジェニングス
製作: ニック・ゴールドスミス
撮影: ジェス・ホール
音楽: ジョビー・タルボット
美術: ロビン・パイバ
編集: ドミニク・ランク
製作国: 2007年イギリス・フランス合作映画
上映時間: 94分
映倫区分: PG12
配給: スタイルジャム

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ