『レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏』 あらすじ・作品情報

あらすじ
2010年6月11日から7月11日まで2010FIFAワールドカップが南アフリカで開催される。国際試合ではその結果が国家レベルで大きな影響を及ぼすスポーツ「サッカー」。ヨーロッパのベスト・レフェリーに選出されたイングランドのハワード・ウェブはEURO2008の決勝で主審を務めるという固い意志を持っていた。しかし、彼が試合中ポーランド・チームに下したジャッジが大きな波紋を呼ぶ。それはポーランドの首相をして「誰かを殺したい」と言わしめた。サッカーの試合を陰で支えるレフェリーの決して表に出ることのない姿を捉えたUEFA(欧州サッカー連盟)公認ドキュメンタリー。
(公式サイトより)

作品情報
原題:Les Arbitres
監督:イブ・イノン、エリック・カルド、デルフィーヌ・ルエリシー
エグゼクティブプロデューサー:ミシェル・バリエ
原案:イバン・コルニュ
撮影:ディディエ・ヒル・ディライブ、アントニオ・カプルソ、バンサン・ユフティ
編集:フランソワーズ・トゥルメン
製作国:2009年ベルギー映画
上映時間:77分
配給:アップリンク

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ