『ラバー/Rubber』 あらすじ・作品情報

あらすじ
砂漠に捨てられた1本のタイヤ、ロバートに命が宿ったことから、ロバートは自分に物を破壊するテレパシー能力が備わっていることを知る。ゴミや小動物を標的にテレパシーを送り、目にするものを次々と破壊していくロバート。次第にターゲットは人間へと移り、そんなロバートの目の前を謎の美女が通りかかって……。
(シネマトゥデイより)

作品情報
キャスト:スティーブン・スピネラ、ロキサーヌ・メスキダ、ジャック・プロトニック、ウィングス・ハウザー
監督:クエンティン・デュピュー
製作:グレゴリー・ベルナール、ジュリアン・バーラン
脚本:クエンティン・デュピュー
撮影:クエンティン・デュピュー
編集:クエンティン・デュピュー
音楽:クエンティン・デュピュー
原題:Rubber
製作国:2010年フランス映画
配給:アース・スターエンターテイメント
上映時間:82分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ