『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』 あらすじ・作品情報

あらすじ(ネタバレ含む)
カナダのトロントに住む22歳無職のスコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、3人編成のアマチュアロックバンド、セックス・ボブオムのベーシスト。17歳の中国人高校生ナイブス(エレン・ウォン)と付き合っていたスコットだったが、ある日、夢に見た女性ラモーナ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)と出会い、恋に落ちてしまう。バンドは、クラッシュ&ボーイズとのバンドバトルに向けて練習に励んでいたが、恋するスコットは上の空。ナイブスとの高校生っぽいデートの最中も頭の中にあるのはラモーナのことばかり。そしてついに実現するラモーナとの初デート。バトル当日、会場には、ルームメートのウォレス(キーラン・カルキン)、しっかり者の妹ステイシー(アナ・ケンドリック)、ナイブス、ラモーナらが応援に駆けつける。だが、セックス・ボブオムの演奏最中に突然乱入してきたのはラモーナの最初の邪悪な元カレ、マシュー・パテル(サティヤ・バーバー)。攻撃を受けたスコットは、驚きながらもとっさに反撃。マシューを倒し、バンドバトルにも勝利する。だが、これはほんの始まりに過ぎなかった。ラモーナと結ばれるためには、7人の邪悪な元カレ全員を倒さなくてはならなかったのだ。2番目、3番目と次々に現れる邪悪な元カレ軍団。いずれも個性的な技を用いて戦いを挑んでくるが、ラモーナの協力もあり、苦戦しながらも勝利を重ねるスコット。やがて6人の元カレを倒したスコットの前に現れたのは、有名音楽プロデューサーのGマンことギデオン(ジェイソン・シュワルツマン)。ここでラモーナは心変わりを見せて、ギデオンの元へ。実は彼こそが最後の邪悪な元カレであり、軍団を組織した黒幕だったのだ。果たしてスコットは、最強の敵ギデオンを倒し、ラモーナとの恋を成就させることができるのか?
(MovieWalkerより)

作品情報
キャスト:マイケル・セラ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、キーラン・カルキン、アナ・ケンドリック、マーク・ウェバー、ブランドン・ラウス、ジェイソン・シュワルツマン、クリス・エバンス、斉藤慶太、斉藤祥太
監督:エドガー・ライト
製作:エドガー・ライト、マーク・プラット、エリック・ギター、ナイラ・パーク
製作総指揮:ロナルド・バスコンセロス、J・マイルズ・デイル
原作:ブライアン・リー・オマリー
脚本:エドガー・ライト、マイケル・バコール
撮影:ビル・ポープ
美術:マーカス・ローランド
編集:ジョナサン・エイモス、ポール・マクリス
音楽:ナイジェル・ゴッドリッチ
原題:Scott Pilgrim vs. the World
製作国:2010年アメリカ映画
配給:東宝東和
上映時間:112分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ