『色即ぜねれいしょん』 あらすじ

1974年、京都。仏教系男子校に通う高校一年生の乾純は、ボブ・ディランに心酔する文科系男子。ロックな生き方に憧れながらも、学校ではヤンキーや体育会系の陰に隠れ、家では優しく大らかな両親に恵まれ反抗すらも出来ず、おまけに小学校からの初恋もこじらせて悶々とした日々。そんなある日、友だちの伊部と池山から夏休みに隠岐島へ行こうと誘われる。なんでもそこはフリーセックスの島らしい。こうして純はギターケースを片手に妄想ばかりを膨らませ、フリーセックス主義者が集うという隠岐島のユースホステルへと向かうのだったが…。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ