『シグナル~月曜日のルカ~』 あらすじ

あらすじ
夏休みに地元に帰省した大学生の宮瀬恵介(西島隆弘)。夏休みの期間を利用して、古い映画館・銀映館でアルバイトをすることにする。支配人の南川(井上順)から、採用にあたって提示された条件は、映写技師のルカ(三根梓)との恋愛禁止、月曜日にルカは憂鬱になるのでそっとしておくこと、ルカの過去を聞いてはいけないことという、不思議なものだった。つっけんどんな態度のルカにどう接したらいいのかわからない恵介は、思わずルカ自身についてあれこれ聞いてしまう。その都度南川から注意されるが、彼からルカはこの3年間映画館に住み、こもりきりであることを聞く。ますます彼女について興味を持った恵介は、次第にルカに惹かれていく。アルバイトを始めて迎える最初の月曜日、ルカは心ここにあらずの様子で、仕事がまったく手につかない。代わりに恵介が上映しようとするが、映写事故を起こしてしまう。翌日、一人でもフィルムを回せるよう奮闘する恵介を見て、ルカは祖父・剛造が書いた映写技法を渡し、剛造が銀映館で映写技師をしているときには横に必ずいたとの思い出を話し始める。恵介も幼い頃に家で問題が起こるたびに銀映館へきており、実は二人とも同じ映画館で一緒の映画を観ていたことを知る。その帰り、恵介は見知らぬ男・ウルシダレイジ(高良健吾)から銀映館について聞かれるが、そのしつこさに警戒して恵介は適当にあしらう。翌日、江花さおりという女の子が売店にアルバイトで入ってくる。ルカに探りを入れるさおり。彼女は、ルカについてレイジに報告していた。レイジがずっとルカの居場所について調べていたことを知った恵介は、映画館にこもる前のルカについて調べ始める……。
(MovieWalkerより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
shineランキングに参加しています。クリックお願いします。shine

レビューへ