『ソウル・キッチン』 あらすじ・作品情報

あらすじ
ドイツ第2の都市、ハンブルク。ギリシャ系移民の青年ジノスがオーナー・シェフを務める“ソウル・キッチン”は、味にうるさくない常連客が頼りの寂れた庶民派レストラン。私生活でのジノスは、恋人が仕事で上海に赴任することになり離れ離れに。おまけに税務署からは滞納分の督促を迫られ、挙げ句は突然のギックリ腰と不運続きのジノス。そんな時、服役していた不肖の兄イリアスを彼の仮出所のためにレストランの従業員として受入れるハメになる。ところが、イリアスが盗んだDJセットを持ち込み音楽をかけると、店は意外にも大賑わいに。さらに、新たに雇った偏屈シェフ、シェインの料理も次第に評判を呼び、ソウル・キッチンは連日大繁盛となっていくが…。
(allcinemaより)

作品情報
キャスト: アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライブトロイ、ビロル・ユーネル、アンナ・ベデルケ、フェリーネ・ロッガン、ルーカス・グレゴロビッチ、ドルカ・グリルシュ、ボータン・ビルケ・メーリング、デミール・ゲクゲル
監督・脚本・プロデューサー:ファティ・アキン プロデューサー:クラウス・メック
脚本:アダム・ボウスドウコス
撮影:ライナー・クラウスマン
編集:アンドリュー・バード
原題:Soul Kitchen
製作国:2009年ドイツ・フランス・イタリア合作映画
配給:ビターズ・エンド
上映時間:99分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ