『シリアの花嫁』 あらすじ

ゴラン高原、イスラエルが第三次中東戦争以来占領し続けているこの地には少数のイスラム教系住民が住んでいた。2国間の争いの影響で無国籍の民となったこの地の人々、アマルの一家もそんな人々のうちの一家族だ。

アマルの妹・モナはその日、シリアの人気タレント・タレルと結婚する日だった。朝からアマルとモナそしてアマルの娘たちは結婚式の準備のために美容室へと向っていた。ところが、晴れの結婚式当日にも関わらずモナの顔には笑顔はなくむしろ寂しげだ。実はコレには理由があった。イスラエル占領下のこの村からシリアに嫁げば、自動的にシリア国籍が与えられる。そうなったら二度とイスラエルには入国できない。それはすなわち、二度と故郷に戻ってくることが出来ないことを意味していた。しかもモナは新郎のタレルとは一度も会ったことがなかった。お互いに写真で顔を確認しあっただけだ。もし結婚生活が上手くいかなくても、モナはもう戻る場所がなくなる。アマルはモナを励ますが一向にモナの顔色は冴えないのだった…。

(以下ネタバレあり)

アマルたちが家に戻ると、家には村の長老が来ていた。実は一家の長男・ハテムは8年前、イスラム教の信仰に反してロシア人と結婚していた。ハテムは妹モナの結婚式に出席するために帰国することになっていたのだが、村の長老は父親のハメッドに、もしハテムを迎え入れたら関係を絶つと強行に申し入れていたのだ。そうこうするうちにハテムとその妻そして息子、さらには道中で合流した次兄マルワンが家に到着する。マルワンは大歓迎するものの、ハテムとは口も利かないハメッド。ハテムは8年経っても解けない父の怒りに落胆を隠せないのだった。

モナの結婚式の今日、もう一つのイベントがあった。イスラエルに対する抗議デモだ。ハメッドはデモに参加しようとするが、アマルに止められる。実はハメッドは親シリアの政治活動家でイスラエル当局に逮捕投獄された経験があり、政治活動の禁止を言い渡されていたのだ。アマルの心配をよそにデモに参加するハメッドは、途中でに警官に見つかり帰るように警告されるが、それすら無視してデモを続行するのだった。

幸い無事にハメッドが自宅に戻り、いよいよモナの結婚披露宴が村人を集めて催される。しかし依然としてハテムはその参加を許されなかった。披露宴が終わり、モナはいよいよ境界線(軍事境界線)へと向うことに。ハテムはこれにも帯同することを許されなかったが、アマルはモナの気持ちを慮って自分の車でハテム一家を境界線へと連れて行くことにする。境界線で新郎タレルの到着を待つ一家。そこに、件のデモでハメッドに帰宅を促した警官が現れる。実は政治犯であるハメッドは境界線に行くことは許されない。しかしアマルは披露宴の準備中に警察に行き、特別の許可を得ていたのだった。

車を降りた警官は禁止地域にハメッドがいることを理由に彼を逮捕しようとする。アマルは許可を得たはずだと抗議するが、与えた覚えはないと一蹴されてしまう。ハメッドが車に押し込まれようとする正にその時、ハテムがその前に立ちはだかった。実はハテムは弁護士だった。逮捕するのであれば逮捕状を見せるように要求するハテム。警官は渋々ハメッドを解放しその場を立ち去った。

そうこうするうちに境界線の向こうに新郎たれるが到着する。国交のないイスラエルとシリアの間を行き来するために、手続きは中立の立場である赤十字のジャンヌが担当することになっていた。ジャンヌはモナのパスポートをイスラエルの出国管理官に渡す。管理官は出国印を押し、それを持ってジャンヌはシリア側に向った。ここでまた問題が起こる。シリア側の入国担当が、パスポートに押してある出国印に難色を示したのだ。つまりそれは、ゴラン高原は今でもシリア領であり、花嫁はシリア国内を移動するだけだから出国印など認められないという理屈だった。

ジャンヌは仕方なくイスラエル側に戻り事情を説明するが、規則が変わり出国印を押すことになったのだと、今度はイスラエル側に対応を拒否される。そんなやり取りが続く中、事態打開のためにジャンヌは何度も境界線を往復する。一体何があったのか、不安そうなアマルたち一家と新郎タレルたち。結局イスラエル側の出国管理官が折れて、出国印を取り消してくれることになった。これで一件落着かと思いきや、今度はシリア側の入国担当が業務終了で引継ぎをせずに帰ってしまった。新しい担当は前任が再度出勤してくるまで待てと言う。これにはさすがのジャンヌも切れてしまった。

ジャンヌに理由を聞こうと詰め寄る一家。アマルもその輪に加わろうとしてふと振り返ると…、モナは一人で境界線をシリア側へと歩き始めていた。「モナ!」アマルの呼びかけに立ち止まり振り向くモナの表情は今までの寂しさが嘘のような笑顔。モナはアマルとしばらく見詰め合った後、またゆっくりと歩き始めた…。

本文へ