『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』 あらすじ・作品情報

あらすじ
1929年。ソルボンヌ大学に通うシモーヌ・ド・ボーヴォワール(アナ・ムグラリス)は、学内で天才と噂される有名人ジャン=ポール・サルトル(ロラン・ドイチェ)に出会う。ボーヴォワールの美しさと聡明さに一瞬にして恋に落ちたサルトルは“理想の女性だ”と宣言。最初は警戒していたボーヴォワールも、サルトルの中に自分と似たものを見出し、やがて2人は1級教員資格を目指して一緒に勉強するようになる。試験の結果は、サルトルが首席でボーヴォワールが次席。だが、ボーヴォワールは歴代最年少での合格だった。ボーヴォワールが訪れた田舎町に向かうサルトル。ボーヴォワールは自分を追いかけて来たサルトルに感動し、両親の目を盗んで一夜を共にする。普段から母を召使いのように扱う父の態度に疑問を感じていたボーヴォワールは、哲学の教師として働き始めたサルトルと、家を出て一緒に暮らす事を決意する。そんな時に届いたのは、母親から結婚話を押し付けられていた親友ローラの死を告げる手紙。ローラの亡骸と対面したボーヴォワールは、ブルジョワ階級が持つ偽善的な倫理観とカトリック独特の道徳を心から軽蔑し憎む。そして迎えたサルトルとの生活の最初の日。ボーヴォワールは思いがけない提案を受ける。それは、お互いに将来も含め、愛し合いながら、他の関係も認め合うという自由恋愛で、しかも他の関係について嘘偽り無く全てを報告し合うというものだった。作家には刺激が必要だというサルトルの主張には納得できなかったものの、ごまかしに満ちた小市民的な結婚ではない“契約結婚”という説得に応じる。女性にとっては結婚か独身しか選択肢のない社会の伝統に、ボーヴォワールは疑問を抱いていたからだった。しかしそれは彼女の深い苦悩の始まりだった……。
(MovieWalkerより)

作品情報
キャスト:アナ・ムグラリス、ロラン・ドイチェ、カル・ウェーバー、キャロリーヌ・シロル、ディディエ・サンドル、ウラジスラフ・ガラルド、レティシア・スピガレッリ、クレマンス・ポエジー、ジュリアン・ボームガルトネル、サラ・スターン、ジェニファー・デッカー、ロベール・プラニョル、フィリップ・バルディ、ユベール・ドゥラットル
監督:イラン・デュラン・コーエン
脚本:シャンタル・ド・リュデール、エブリーヌ・ピジエ
撮影:クリストフ・グライヨ
編集:ユーグ・オルデュナ
音楽:グレゴワール・エツェル
美術:シャンタル・ギュリアーニ
原題:Les amants du Flore
製作国:2006年フランス映画
配給:スターサンズ
上映時間:105分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ