『ディヴァイド/The Divide』 あらすじ

あらすじ
未曽有の爆撃により、ニューヨークは壊滅。だがその直後、男女9人が地下シェルターに逃げ込む。薬物中毒だった過去を持つエヴァ(ローレン・ジャーマン)、利己的なシェルターの所有者ミッキー(マイケル・ビーン)、エヴァの婚約者で弁護士のサム(イヴァン・ゴンザレス)、重傷を負ったエイドリアン(アシュトン・ホームズ)、エイドリアンの義兄ジョシュ(マイロ・ヴィンティミリア)、ジョシュの親友でミッキーと対立するボビー(マイケル・エクランド)、無線機を持つデルヴィン(コートニー・B・ヴァンス)、心配性のマリリン(ロザンナ・アークエット)、マリリンの娘ウェンディ(アビー・シックソン)。残りわずかな食糧、そして“他人”の脅威に怯える日々を過ごしていたが、あるとき突然、防護服に身を包んだ人間がシェルターをこじ開け、彼らに襲い掛かる。地下シェルターは逃げ場のない憎悪と非業が渦巻く、魑魅魍魎の地へと変貌を遂げていたのだ……。
(MovieWalkerより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
shineランキングに参加しています。クリックお願いします。shine

レビューへ