『一枚のめぐり逢い/The Lucky One』 あらすじ

あらすじ
イラク戦争に派遣されたアメリカ海軍軍曹ローガン・ティボー(ザック・エフロン)。ふと、見知らぬ女性が写った一枚の写真が落ちていることに気づき拾ったところ、それまで彼が座っていたところが爆破され、彼は九死に一生をえる。多くの仲間たちが戦争に散っていく中、ローガンは3度の任務派遣を終え無事に帰国する。帰国後、戦争の後遺症に苛まれる彼だったが、写真の彼女に会いに行こうと思い立つ。写真の景色から場所を特定したローガンは、戦地での相棒ゼウスとともに彼女を探しに行く。とうとう写真に写る本人・ベス(テイラー・シリング)に行き着くが、ちょっとした誤解から、写真を手渡すことができないまま彼女が祖母と営むケンネルで仕事をすることになる。当初ベスはローガンに心を開かなかったが、熱心に働く様子や家族たちとともに接するうちに、二人は次第に惹かれあうようになる。しかし、あの写真をきっかけに、二人は決裂することになってしまう。
(MovieWalkerより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
shineランキングに参加しています。クリックお願いします。shine

レビューへ