『ウィッカーマン/THE WICKER MAN』 あらすじ

メイラス(ニコラス・ケイジ)は白バイ警官。ある日、パトロール中の事故で怪我をし休養中の彼の元に、8年前に突然姿を消した元婚約者・ウィローから手紙が届いた。“娘のロー湾が行方不明になってしまったので助けて欲しい。”そう書かれた手紙はサマーズアイルという個人所有の島からだった。

同僚の刑事は父親に探させればいいとメイラスを止めるが、結局彼は単身島を訪れることにした。島にはシスター・サマーズアイルと呼ばれる女性を頂点にし、女性が支配する奇妙な社会があった。早速ウィローと落ち合い、ローワンの捜索を始めるメイラスだったが、島民はみんな非協力的だ。しかし島の儀式とローワンが何か関係があるらしいと解ったメイラスは、その儀式に潜り込む。果たしてローワンは見つかったがしかし・・・。

本文へ