『戦場でワルツを』 あらすじ・作品情報

あらすじ
2006年冬、友人のボアズがアリに対して、毎夜みる悪夢に悩まされていると打ち明けた。ボアズは、それがレバノン侵攻の後遺症だという。しかし、アリの記憶からは、レバノンでの出来事が抜け落ちていた。記憶から失われた過去を取り戻すために、アリは世界中に散らばる戦友たちに会いにいく。
(シネマトゥデイより)

作品情報
原題: Waltz with Bashir
監督・脚本・製作: アリ・フォルマン
プロデューサー: セルジュ・ラルー、ヤエル・ナフリエリ、ゲルハルト・メイクスナー、ロマン・ポール
美術監督・イラストレーター: デビッド・ポロンスキー
アニメーション監督: ヨニ・グッドマン
編集: ニリ・フェレー
音楽: マックス・リヒター
製作国: 2008年イスラエル・ドイツ・フランス・アメリカ合作映画
上映時間: 90分
配給: ツイン

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ