『誘拐ラプソディー』 あらすじ

伊達秀吉は何をやっても上手くいかず、ついに自殺を決意するが、それすらも失敗してしまう。そんな時、家出をしたという少年・伝助と出会う。彼の家が大きい屋敷と知り、咄嗟に誘拐を思いつく。ところが、運悪く伝助の父親は暴力団組織“篠宮組”の組長だった。警察に知らせることなく、組員総出で犯人探しが始まる。一方、篠宮組のただならぬ動きを察知した警察側も、真相を掴めぬまま、彼らの後を追い始めるのだったが…。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ